0.4

EXILEのメンバーに映画ファンがブチギレた!!!

まさか本人たちもキレられるとは思っていなかっただろう…

 

去年、全国の映画館で「マッドマックス 怒りのデス・ロード」が公開されたときに

その主人公の声優を務めることになったのがEXILEのパフォーマー、

AKIRAだ。

しかし、この起用にネットで「雰囲気だけで吹き替え素人を選ぶな!」

「映画が台無し。絶対に許さない!」などと怒りの声が相次いでいる。

 

EXILEのメンバーは以前にも同様に映画の吹き替えで、セリフを

誰が聞いても分かるような棒読みを披露し大炎上したことがあります。

 

確かにEXILEファンからすれば、DVDになったときに購入するという

需要がありますが、それも一時的であり

本来の熱狂的な映画ファンからの支援がなくなってしまいます。

 

商売という点ではなかなか難しい問題ではありますが、

一時的な収益に流されないようにして欲しいところです。