07

コストパフォーマンスに優れたユニクロですが、

最近は毎年同じような新作ばかりで値段だけ上がっていると

酷評を受けるなど低迷しています。

いい物もたくさんありますが、今回は春・夏物で絶対に

買ったら後悔するものをランキング形式で紹介します。

 

5位

08

スリムフィットノータックチノA

2990円(税抜)

 

5位にランクインした理由は、なんと言っても他に同じような

見た目、質感で1000円も安い商品があるからです。

差別化することも出来ないので、細部にこだわらないのであれば

こちらを選ぶ理由はありません。

 

 

4位

08

UTGP グラフィックT (Star Wars・半そで) N09

1500円(税抜)

 

ベーシックを礎とするユニクロは、柄物にめっぽう弱いです。

夏が近づくと大量の柄物を量産しますが、その手のアイテムが好きな

人なら問題はないですが、ユニクロの柄物は取ってつけたような

質感の悪いプリントが大半を占めています。

逆に、同時期に発売されるカットソーはお勧めです。

安い割りに良質なモデルが多数あります。

 

 

3位

08

プリントシャツ(トロピカル・半そで)

1990円(税抜)

 

トロピカルプリント自体は毎年流行っているので問題ないのですが

ユニクロが発売するこのプリントシャツ、生地の色が和柄を連想させる

ネイビー色を使用しているために、そこに派手目な花柄をプリントすると

コーディネートが極端に限られてしまいます。

一昔前の田舎のヤンキーみたいになりたくなかったら購入は

控えたほうが良いでしょう。

 

2位

08

ロールアップスリークォーターカーゴ

2990円(税抜)

 

残念ながら日本人は短足です。

ひざ上短パンなら良いですが、丈の中途半端なものは

脚の短さを引き立たせてしまいます。

そこにロールアップが加わると俄然強調されてしまうので

自身の脚を気にするかたは購入は控えましょう。

小学生みたいな見た目になります。

 

 

1位

08

マイケルバスティアンポロシャツ

1290円(税抜)

 

栄えない1位に輝いたのはこれ。

NYのトップデザイナー、マイケルバスティアンとのコラボ商品です。

残念ながらユニクロは低価格が売りのショップです。

そこに有名デザイナーとのコラボと生地や施工費用が重なると

限界が垣間見えます。画像で見るとオシャレに見えるかもしれませんが

実物は至ってチープ。

一部ではオシャレセンスがあるねと言われるかもしれませんが、

大半の人は引き気味になるようです。