雑学

【絶望】9年後の日本の姿が悲惨すぎると話題に。2025年、日本は……

 

0.2

「このまま無為無策で過ごせば、日本はとんでもない事態に見舞われます。
社会保障の破綻、際限のない増税といった山積みの問題が、10年足らずで一気に表面化するのです」

こう警鐘を鳴らすのは、政策研究大学院大学名誉教授の松谷明彦氏だ。

およそ1世紀も増え続けてきた日本の人口が、昨年ついに減り始めた。
「これから10年間で、日本の人口は700万人減ります。15歳~64歳の生産年齢人口が7000万人まで落ち込む一方で、65歳以上の人口は3500万人を突破する。

2025年の日本は、団塊の世代が75歳を超えて後期高齢者となり、国民の3人に1人が65歳以上、5人に1人が75歳以上という、人類が経験したことのない『超・超高齢社会』を迎える。これが『2025年問題』です」(前出・松谷氏)

東京五輪が終わったあと、日本の姿は、今とは大きく変わっている。

現在と同水準の人口を維持できるのは、東京・神奈川・千葉・埼玉の首都圏と、愛知・沖縄・滋賀のみ。
青森・岩手・秋田・山形・福島の東北各県や、中四国の大半の県は、軒並み1割人口を減らす。

働き方も、大変化に見舞われる。厚生労働省のデータによれば、’00~’10年の10年間で、事務職や工業系技術者は14%、農家や漁師は30%、また土木作業者や建設技術者は40%も減っている。

一方、介護関係職員は倍以上に増加し、葬儀関係者も1・5倍に増えた。この傾向は、2025年までにますます加速する。

若者が減り、老人が増える。何かを作る仕事に携わる人が減り、介護や葬儀に携わる人が激増する。
もはや、国全体が老境に入ってしまったような状態だ。しかも—。

「現時点でも、軽度のものを含めれば、少なくとも820万人が認知症を患っているという厚労省のデータがあります。
それに基づけば、2025年には今の1・5倍、1200万人以上が認知症になっていてもおかしくありません」(国際医療福祉大学教授の高橋泰氏)

全国民の10人に1人がボケている。そんな国が成り立つのか、という疑問がわいてくるが、あと9年で画期的な対策が見つかるとも思えない。
特別養護老人ホームには順番待ちの長い列ができ、認知症の特効薬ができる気配もない。もはや策は尽きている。

 

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/48254


  本日の注目ニュース
この記事が気に入ったら
いいね!しよう

黒子速報の最新情報をお届けいたします!

あなたにオススメ

関連記事

  1. 【ベビ待ちママへ】まずは、妊娠しやすい体質づくりから!
  2. 【意外!?】「デートでここだけは行きたくない」ランキング!女性の…
  3. 【診断テスト】あなたの体の状態は!?イラストを見て答えるだけで体…
  4. 1 女性必見!!男の浮気を見抜く怪しい行動TOP10発表www
  5. 男性からすぐにヤれそうと思われている女子 男性から「すぐにヤれる」と思われている女性の『仕草・言動・身なり…
  6. 姶良カルデラと阿蘇山噴火 【最新情報】熊本地震の弊害。阿蘇山が噴火したら1億人規模の犠牲者…
  7. あなたが”霊感がある人”かわかる6つのチェックポイント!!まだ気…
  8. 缶切り 【常識】この道具の正式名称知らないヤツいるわけないよな?w

新着記事

  1. 新生活の一人暮らし必見!100均の神商品が便利すぎる!買ってよかったの声多数!
  2. 【実用的】iPhoneのSiriってこんなことも出来たの!?知っておくと便利すぎ! Siri
  3. 【性格診断】あなたはどのタイプ!?スマホの持ち方で判明する性格診断テスト(画像) 性格診断テスト
  4. 【イッテQ】出川哲郎がかくし芸で風船の中に入る芸に挑戦した結果・・・ww(動画)
  5. 【裏技】固くて開けきれない蓋を簡単に開ける方法!
  6. 【雑学】日本人の9割が間違って使っている日本語10選 雑学・トリビア
  7. 【雑学】サザエさんのタラちゃんに妹がいるって知ってた!?サザエさん雑学 サザエさん
  8. 【裏技】インスタントコーヒーを自宅で美味しく作る裏技7選 生活の裏技
  9. 本当に!?知らずに違反していた交通ルール!罰金・反則金が発生する場合も!! 交通ルール
  10. 【裏技】油性・水性のペンを簡単に復活させる方法!

アクセスランキング

新着記事

  1. Siri
  2. 性格診断テスト

PICUP

PAGE TOP