中国がとんでもないことを画策しています。

今回、熊本地震が起きて世界中から支援の声が届いていますが、なんと中国は支援どころかお祝いをしているそうです。

一体どういうことなのか!?

 

 

・もっとデカイ地震が必要と言っている

中国のある企業が、熊本地震に対して「お祝い」をしていると言うのだ。

店の商品を割引販売し、更に次に震度7以上の地震が起きれば再割引、そして日本が沈没したら全商品をタダで配るという暴挙を見せた。

あまりにも心無い発言に、日本よりも先に中国圏内で炎上し

「それは言い過ぎ」

「さすがに不謹慎」

と、非難を浴びていると言う。

半日精神は結構なことだが、自国の反感を買うとなると本末転倒なので今回は行き過ぎた発言と見られる。

これに対し日本のネットユーザーは

「さすが中国クオリティ」

「平常運転」

「その発言、そのまま世界中に拡散しようか」

と、あまり相手にしていないといった感じであった。

時折過激な発言が見られる中国だが、それも一部であるのであまり敏感にならないほうが良いかもしれない。

ただ、不謹慎であることには間違いない。