お笑い芸人の江頭2:50さん

芸風はあまり品が良いとは言えないネタなどを行っていますが、

東日本大震災のあった時には誰よりも早く、自腹でトラックをレンタルし

支援物資をトラック1台分も自ら支給しに行ったとして話題になりました。

 

他にも、江頭2:50さんは、様々なボランティアを行っているそうです。

イベントでネタを行った際、車いすに乗った少女が自分の芸を見て全く笑わなかった。

イベント終了後に少女に何故笑わないの?と聞いたそうです。

その少女は「面白くないから」と江頭2:50さんにハッキリと感想を言ったそうです。

それを聞いた江頭さんは、毎月その少女を笑わせる為に会いに行き、ネタを行っていました。

 

しかし、ある時その少女はいつも居る場所に現れませんでした。

実は、その少女は病気を患っており、車いすでイベントに行っていたんです。

 

その少女が、どうなったかは分かりませんが、

江頭さんは、その少女を勇気づける為に、毎月顔を出していたのではないかと言われています。

 

 

しかし、東日本大震災と、この少女の件に関して江頭2:50さんは否定しているそうです。

なんとも江頭2:50さんらしいですね。

これを認めれば、好感度は上がるはずです。

そこをあえて否定することで、芸風を守ったんです。

そのことが逆に好感度を爆発的に上げました。

 

そして、今回熊本地震で被災している方から江頭さんの目撃情報が寄せられています

 

しかし、江頭2:50さんの所属する事務所に確認したところ、

今のところ現地に支援に行ったという報告は受けてないとのことです。

 

でも、記者が芸能事務所の担当の方に

被災地の方が江頭さんのことを求めていると伝えると

本人から「もちろん承知している」との回答が得られたそうです。

 

江頭さんの出身は佐賀県。

震災のあった熊本とは近いですし、いつか江頭さんの姿を熊本で見られるかもしれません。