走行中のトラックの荷台から積んでいた木材が落下しました。

一部の木材は対向車の車の窓ガラスを突き破り、運転していた男性の頭部を直撃。

そして…

 

 

・木材が男性の頭部を突き破る

福井県で、走行中のトラックの荷台から木材が落下、対向車のフロントガラスを突き破り運転していた男性の頭部を直撃しました。

木材の大きさは、縦約7cm横約4cmフロントガラスを直撃したのは6本だったそうです。

この事故で、運転していた40代の男性が頭を強く打ち死亡しました。

助手席に乗っていた50代女性は無傷でした。

警察は、トラックの積荷方法にに問題があったとして、運転手の30代男性を自動車運転処罰法違反で現行犯逮捕しました。

ほかにもスピードや運転に問題が無かったか、管理会社の指導は行き届いていたかなど詳しい経緯を調べているとの事です。

 

車を運転していていきなり目の前に木材が束になって飛んできたらパニックになりますよね^^;

注意しようにも対向車の状態なんて分かるものでもないですし、今回の事故は被害側の対策法が難しいと考えてよいでしょう。

いきなり運転手の頭が飛んだ光景を目撃した助手席の女性もトラウマになるでしょうから、メンタルケアもしっかり行ってほしいですね。