熊本地震発生からもうすぐ1ヶ月が経とうとしています。

今回の震災で犠牲になった人や、未だに避難所生活を余儀なくされている人たちがたくさんいます。

しかし、ここで新たな問題が発生しています。

子供たちに異変が…

 

 

・PTSD(心的外傷後ストレス障害)

今回の震災で子供たちは一人で過ごすのが嫌、家に入れない、トイレに行けないなどの症状が出ています。

これは急性ストレス反応を言われ、症状が悪化すればPTSD(心的外傷的すとれす障害)に陥る可能性もあるという。

何例が低いため、ストレスを溜めやすく、また解消方法も未熟なので難しい問題になっています。

一度ストレス障害になってしまうと、生涯内向的な人格を形成したまま生きていくということにもなりかねないので、早急な対策が必要になります。

大人たちでも相当なストレスを感じる今回の震災。

しかし、それ以上に子供たちは苦痛を感じているということです。

復興も大事ですが、心のケアもしっかりと行う必要があります。

熊本地震 子供 異変