中国地方といえば「広島県」が1番最初に思い浮かべる人も多いと思います。

 

ユネスコ世界遺産に登録されている厳島神社・原爆ドームや、

 

カキ、もみじ饅頭、広島カープなど、観光や食べ物も有名ですよねww

 

そんな広島に旅行に行きたいと思っている方は、よく注意してください。

 

次の行動をとると、広島の人に「やっちまったな~!」と誤解されるかも!?

 

 

誤解されやすい行動5選!

 

1 広島カープへのダメ出し

1

広島カープは市民がお金を出している「市民の球団」!思い入れは特にあついと

いっても過言ではありません!

 

2 「お好み焼き」を「広島焼き」と言ってはならない

1

広島ではこの麺を入れたボリュームのある重ね焼きを「お好み焼き」と指します。

これこそが家庭の「おふくろの味」と親しまれる「お好み焼き」なので、

これを「広島焼き」というと、「あんた、よそからの人じゃの!」と距離を置かれることも・・・

 

3 岡山県との比較はNG!

1

岡山県の発展に焦りを感じている人もいるらしい・・。あまり広島では

岡山の話を出さない方が得策かも・・・。

 

4 原爆ドーム前では騒がない!

1

原爆ドームには観光客だけでなく、被ばく被害者の身内のかたも鎮魂にこられています。

マナーを守り、観光しましょう!

 

5 宮島のシカに餌を与えてはダメ!

1

これは観光のガイドラインできちんと決められており、県民は自然に返そうと努力

しています。気持ちはわかりますが、餌をあたえて県民の努力を無駄にしないように

注意しましょうね(^O^)/

 

実際に私は何度も広島に旅行に行っていますが、本当にいいところなので

みなさんも一度はぜひ広島に行ってみてください(^O^)/

 

1