テニス界のプリンスマリア・シャラポワ。

 

デニスの腕も超一流品だがコートの外ではその美貌の美しさから「ロシアの妖精」とも言われています。

スタイル抜群であの身長。大好きな人もかなり多いと思います。

そんなロシアの妖精シャラポワがスポーツ選手としてやってはいけないことをやってしまったんです。

 

それがこちら

1月の全豪オープンの際に受けたドーピング検査で陽性反応が出ていたんです。

つまり、シャラポワはドーピングしていたんです。

この事実が発覚したし、国際テニス連盟は2年間の出場停止処分を言い渡しました。

検査結果からシャラポワは、

禁止薬物に指定されているメルドニウムという薬物を使用していたみたいです。

 

あんなに人気だったシャラポワを見ることは当分なくなるでしょう・・・。

 

シャラポワがドーピングで出場停止