舛添都知事、政治資金で「中国服」購入疑惑について語る

10日、政治資金の個人私的流用疑惑が問題視されている舛添要一都知事が、都庁で

定例会見を行った。その際に東日本大震災翌日に中国でシルクの中国服を政治資金で

購入した理由について語ったのだが、予想だにしない知事の発言に記者からは失笑の

嵐だったwww

 

 

都知事「私は柔道をやっていたので・・・」

1

舛添都知事はなぜか強気だ・・・。政治活動と「書道」を堂々と政治活動として

結びつけようとしている。今回は中国服と書道関連の備品を計約14万円を政治

活動の経費として計上している。中国服の購入について舛添氏は、「私は柔道を

やっているんで肩の筋肉がものずごく張っている。窮屈になる。背広は非常に

引っかかる。(中国服は)ツルッとしてるんでよりスムーズになるんです。」

と、身振り手振りを交えながら応えていましたが、余りの理由に会場からは

失笑の嵐となったwww

今後の定例会見では、身軽な中国服を身にまとい、スムーズな会見を行って

もらいたいものだ!

1