秋田県の熊事件!射殺したツキノワグマは人を食べることはない。しかし熊の胃から人の肉片が・・・。

秋田県の相次いで熊に襲われた事件。

 

計4人が熊bに襲われましたが、その4人目が襲われた現場近くで射殺したツキノワグマを県が解剖しました。

すると、本来人を食べることはないと言われているツキノワグマの胃からまさかの大量のタケノコと人の肉片が見つかったのです。

なぜ人を食べたのか専門家が衝撃の言葉を口にしたんです!!!

それがこちら

「本来人を食べないツキノワグマが人を食べ物として認識した」と言っているんです。

つまり、1人目が襲われた時にそのツキノワグマは人間は食べ物だと認識してしまったんです。

仮に射殺されたツキノワグマ以外にも別の熊がその死亡した人を少しでも食べていたとするなら、人の味を覚えたクマが他にもいるかもしれません。

地元自治体の方たちは熊の対策を早急に見直す必要があるみたいです!