外国のサッカー選手はタトゥーが入っているのは当たり前ですよね?

例えば、イブラヒモビッチ選手なんかは上半身にほとんど入っています。

上半身にタトゥー。

こんな感じで入れている外国人選手はほかにもたくさんいます。

しかし、トップスター選手でもあるクリスティアーノ・ロナウド選手は体にタトゥーは一切入っていません。

その理由がタトゥーが嫌いではなくて別にもっと素晴らしい理由があたんです!!!

その理由がこちら

クリスティアーノ・ロナウド選手2

ロナウド選手は、普段から慈善事業には積極的に取り組んでおり、「誰にでもできることは率先してやらなくてはいけない」献血に参加していたのです!

ある日のインタビューでこんなことを言っていました。

「僕は献血に行くのでタトゥーを入れられない」と。

世界で感染症を防ぐためにタトゥーを入れている人は一定期間の間、献血ができない決まりになっていたのです。

その理由からロナウド選手はタトゥーを入れないみたいです。

このことが話題となりロナウド選手の好感度がさらにうなぎ上りになっているんです!!!

関連記事:島崎遥香が水着にならない理由は体にタトゥーを入れていた!