今年2月に大阪の東住吉区で軽乗用車が電柱に衝突し一緒に助手席に乗っていた3歳の女の子が死亡しました。

しかし、女の子が死んでしまったのは電柱との衝撃ではなく、

電柱との衝撃で車から開いたエアバックが原因だったんです!!!

 

エアバックが開いた経験がある人は少ないと思いますが、エアバックについて調べるととんでもないことが分かったんです!

続きはこちら

エアバックは本来車に強い衝撃が加わらないと開かないことは皆さん知っていると思います。

そして最悪の事態を避けるための最終手段ともいえます。

 

しかし、車に強い衝撃という事はエアバックはもの凄い勢いで膨らまないと間に合いません!

そのこともあり今の車はエアバックが開く速度は最高で300キロとも言われています!

 

このもの凄い勢いで膨らんだエアバックが3歳の女の子の胸を強く圧迫し死亡してしまったんです・・・。

 

子供がいる皆さんは車に子供を乗せる際は必ずチャイルドシートを後ろ座席に乗せそこに子供を乗せるようにしましょう!

エアバックが子供の胸を圧迫し死亡2