最近ヤクザ抗争が激しさを増しています。

指定暴力団の山口組と神戸山口組が分裂したことによって、激しくなっています。

 

発砲事件が起きたり、トラックで突っ込んだりと一般人にも被害が加わりかねない事が続いています。

警察に捕まって、死刑が確定した元ヤクザの組長が死刑執行前に残した最後の手紙があるのですが、その内容がかなり怖ろしい内容だったんです。

続きはこちら

私、矢野治は、ヤクザ渡世の親として、住吉会の本部長にまで昇格した幸平一家のある幹部(故人)に師事し、崇拝しておりました。その親分のところに企業舎弟として出入りしていたのが、龍一成です。その縁で私も龍と親交を持ち、彼に金を貸すなどしていました。多い時で1億円は超えていましたが、それなりに返済をしてくれていました。しかし98年に入ると、やつも金が回らなくなってしまった。返済が滞り、8600万円が焦げ付いてしまったのです。追い込みをかけ続けた私に、ある時、龍はこう提案してきました。

「『川崎定徳』の佐藤さんが亡くなった後、会社の資産を受け継いで、管理している男がいる。不動産会社を営む桑野大樹社長(仮名)です。佐藤さんの跡を継いだのだから、それなりの物件を多数持っている。奴を攫(さら)って脅す。権利関係の書類を奪い、それから殺します。矢野さんのところの若い衆を2人ほど貸してほしい。8600万円を2億円にして返しますから」

引用元:http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160225-00506072-shincho-soci&p=2

なんとも怖ろしい内容・・・。

映画のような手紙でした”(-“”-)”

 

・そして暴力団といえば山口組と神戸山口組の和解交渉が行われたことです。

この交渉がうまくいけば抗争も数が減り少しは平和になるように思えたのですが、交渉は決裂・・・。

この和解交渉決裂で山口組と神戸山口組の抗争は今まで以上に激しくなる可能性が高くなってしまったんです!

関連記事[clink url=http://gatyapin.info/2016/11/01/%E7%B1%B3%E6%A5%B5%E6%82%AA%E5%88%91%E5%8B%99%E6%89%80%E3%81%A7%EF%BC%91%EF%BC%92%E5%B9%B4%E9%96%93%E9%81%8E%E3%81%94%E3%81%97%E3%81%9F%E5%85%83%E6%9A%B4%E5%8A%9B%E5%9B%A3%E3%81%AE%E7%94%B7%E3%80%82/]

死刑執行前の最後の手紙