その男は平成25年11月に強制わいせつ罪で懲役1年6月の執行猶予3年の判決が決まりました。

最近何かと多いわいせつや強姦の事件。

 

無くならせるためにも刑を重くした方がいい気もします。

そしてこの犯人の男はその3年の執行猶予3年の間に、再び強姦未遂の疑いで逮捕されました。

執行猶予中の犯行だったので刑は相当重いと思われたのですが、東京地裁は耳を疑う判決を下したのです!!!

 

その判決がこちら

東京地裁は、強姦未遂の疑いで執行猶予付きの男に対して、

「懲役3年、そのうち6ヶ月を保護観察付き執行猶予2年」の判決をしたのです!

 

この判決に対して、「執行猶予が執行されない」事や、「再犯した人をなぜまた執行猶予で外に出してんだよ」という声が多く上がっているんです。

女性の天敵でもあるこの犯罪を再び犯すような人は収監してほしいと思うのは当然のことですよね・・・。

再犯した男の判決