大橋巨泉さん、がん闘病で集中治療室へ…

 タレントの大橋巨泉さん(82)が、5月下旬からがん闘病で入院し、集中

治療室で治療を行っていることが判明した!巨泉さんは3月下旬から入退院を

繰り返しており、意識はしっかりしているものの、体重も43キロまで落ち、

激ヤセしており非常に危険な状態だという…。

 

 

執筆活動にも影響が…

1

大橋巨泉さんは1994年から「週刊現代」で「今週の遺言」というコラム

を掲載していましたが、27日発売の同誌で連載が終了するという。最後の掲

載分は妻の寿々子さん・弟の哲也さんと共に執筆したことを明かし、自身の病

状についても激白している。

「急激に良くなることや、劇的に回復することはなさそうだ」

「『ゴルフができない、ワインも飲めない、原稿も書けないのなら生きていて

も意味がない』と言ったら、弟に『日本の法律では安楽死は認められていない』

と言われた」

 巨泉さんは、最後の執筆に自身の深刻な状態をこう記載していました。さら

に、連載が終了することについて、「実はこの原稿も5月初めから進めてきた

のだが、これ以上の体力も気力もありません」と説明しており、ギリギリの状

態で執筆を完成させていたことを明らかにしています。

 大橋巨泉さんの容体が心配ですが、回復を祈ることしかできません…。