トルコで起こっているクーデターですが、内容の詳細は日本では報道されません。

あまりにも悲惨な現状に規制も多数かかっているそうです。

この現状を目の当りにしたら胸が痛いですね…。

 

・クーデター首謀軍部、戦車で市民を轢く

※痛ましい映像が流れます。閲覧の際はご注意ください。

https://youtu.be/agFrFAFFdA4

政府派の民衆がクーデターを起こしている軍の戦車を止めようと立ちはだかっています。

しかし、戦車はお構いなしにそのまま市民を轢くという残虐な行為をしています。

国の現状を変えるという軍の意志は伝わってきますが、現時点で60人以上がこのクーデターで犠牲になっています。

 

実は、今回のようなクーデターは初めてではなく、政府に不満を持っている組織が過去に何度か反乱を起こしています。

しかし、政府の力は圧倒的で、そのどれもが最終的に制圧されています。

なぜそんなにも政府の力が強大なのかというと、それは政府に絶対服従とされているトルコ警察の存在が大きいとされています。

 

今回のクーデターを制圧したのもトルコ警察が全面的に動いています。

軍の力をも押さえつける警察の制圧力は計り知れないものなのでしょう。

 

現在はクーデターの勢力が押されていて、政府が勝利宣言を表明しています。

 

国の歴史を変えるにあたって血が流れるというのは悲しいとしか言えませんね…。

トルコクーデター映像