植松容疑者の過去が徐々に明らかに・・・

 26日の午前2時45分ごろに神奈川県相模原市の障害者施設「津久井

やまゆり園」で起きた大量殺人事件。19人が死亡し、20人が重傷・5

人が軽傷を負っています。警察に出頭している植松聖容疑者(26)

警察の取り調べに対し、「ナイフで刺したのは間違いない」「施設を辞

めさせられて恨んでいた」と供述しています。

 そしてその後の報道で、植松容疑者が過去に大麻を使用していたこと

が明らかになりました!

1

 

 

植松容疑者 大麻使用歴が判明!

 植松容疑者は今年の2月14日と15日に衆議院議長公邸を訪れ、

障害者の安楽死を認めさせるように求める手紙を渡しています。

紙には「障害者総勢470人を抹殺することができる」と書かれて

おり、手始めに自分が勤めていた施設を始めに攻撃することを示唆

していたそうです!

1

 その後、衆議院議長公邸は麹町署に連絡、そして神奈川県警から今年

2月19日に「他人を傷つける恐れがある」と相模原市に連絡したそう

です。

2

 相模原市は連絡を受け、植松容疑者を精神科の病院に措置入院させます。

その時の検査で植松容疑者から大麻の陽性反応がでていたそうです!

措置入院後は、薬物治療やカウンセリングを行い、3月2日に「他人を傷

つける恐れがなくなった」と診断され、退院したそうです。

1 2 3 3

この報道を見る限り、今回の事件は事前に防げたのでは??と思えて

仕方ありません。何か対応に問題はなかったのでしょうか??

 

植松聖容疑者 フェイスブック画像

1 2 3