植松聖容疑者 取り調べで衝撃発言していた!!全然反省していない模様・・(画像あり)

戦後最大の凄惨な事件

26日未明に起きた障害者施設「津久井やまゆり園」での大量殺人事件。

報道でも大きく取り上げられており、戦後最大の凄惨な事件と言われていま

す。犯人の植松聖容疑者(26)は、27日の午前7時30分ごろ、身柄を

津久井署から横浜地検に送検されています。今後更なる捜査が進められる方

針です。植松容疑者は犯行後、自ら出頭し、「やつをやった」「(障害者

を)ナイフで刺したことに間違いない」と容疑を認める供述をしていました

が、更に被害者遺族に対して、衝撃の供述をしていたことが明らかになりま

した!

 

身柄を送検される植松聖容疑者

2

 

 

植松聖容疑者の新供述!

植松容疑者は警察の取り調べに対し、「今回の事件に関しては、突然の

お別れをさせるようになってしまって、遺族の方には心から謝罪したいと

思います」と供述していることが明らかになりました!

 しかしこの供述を見る限りでは、被害者遺族に対して謝罪しているもの

の、実際に被害に遭われた障害者施設の方たちには何の謝罪もありません。

供述の中に「障害者を恨んでいた」と話していたことから、被害者たちへ

の犯行に過ちと捉えていないことが明らかです…。送検される姿からも本

当に反省しているとはとても思えません!植松容疑者には誠実に事件の真

相を明かしていく事を望みます。

1