パキスタンで自爆テロ!

 8日にパキスタン北西部にあるクエッタにある市立病院で爆発があり、

少なくとも70人が死亡、112人が負傷する爆発事故が起きました。

その後、反政府武装勢力「パキスタン・タリバーン運動(TTP)」

犯行を認める声明を出しており、この爆発が自爆テロであったことが判

明しています!

 

 

1

 この病院には自爆テロ当時、たくさんの弁護士と記者が集まって

いたそうです。実はこの自爆テロの同日にバルチスタン州弁護士会

の会長だったビラル・カシ弁護士が、何者かに銃撃され死亡する事

件が発生しており、自爆テロがあった病院にビラル氏の遺体が安置

されており、追悼の為にビラル氏の仲間弁護士がたくさん訪れてい

たそうです。TTPはその現場を狙って自爆テロを起こした模様で

す。なお、ビラル氏の殺害についてもTTPは認めているそうです。

TTPは、今年に入ってラホールで起きた遊園地の自爆テロについ

ても犯行声明を出しており、この事件では69人が死亡していたそ

うです。

 この事件に対しパキスタンのシャリフ首相は、「治安部隊や警察

やバルチスタン州の人たちの数えきれない犠牲のおかげで復興した

州の平和をかき乱すことは許されない」とTTPを非難する声明を

発表しています。

 世界中で発生するテロ事件。様々なテログループにより、一般市

民が犠牲となっています。犠牲になった方々のご冥福をお祈りしま

す。

 

 

1