誰もが気になる人が死ぬ時に一番痛みが伴う死に方とは!?ついに判明!!!!!!!!

人間はみんな最後には死が待っています。

それで誰もが思う事が「何の苦しみもなく最後は死にたい」なんてことは誰もが思う事です!

友人の間でもこんな会話したことありませんか?

「どの死に方が一番嫌?溺れ死ぬ・焼け死ぬ」なんて会話たまにしたことある人もいると思います。

しかし、そんな死に方よっぽどのことがない限りありません。つまり現実的ではないという事です!でも人間が死ぬ瞬間の痛さなんて死んだ人にしか分かりません。

でも、死ぬ瞬間を見てきた医者や看護師・遺された家族・それ以外では九死に一生を経験して生還した人なんかから手がかりを見つけることは可能です。

 

そんな手がかりを元に人が死ぬ瞬間の痛さでなにが1番なのかが判明しました!!

現実的なもので証言が元なので間違いないでしょう!

その答えがこちら

それは『くも膜下出血』だったんです!!

年間で11万人以上が命を落とす脳血管疾患。例えば、脳梗塞や脳出血などがあります。その中で約1割を占めているのがくも膜下出血です。

ある人の経験談では、

「夫がトイレに行こうと立ち上がった瞬間、痛い痛いと叫び始めた。そして驚いた表情で夫は背後を睨みつけた。そしてすぐにまた痛い痛いと叫び始めたかと思うとうずくまったまま黙り込んだ。その後救急車を呼んだのですが、2週間後に亡くなった。」

その他でも、夫の最期の表情が脳裏に焼き付いて離れないという人もいるくらい・・・。

 

くも膜下出血は強烈な痛みを伴うといわれていますが、どんな痛みかを例えると金属バットで思いっきり後頭部を殴られているような痛みという人もいます。なので前文で、「驚いた表情で夫は背後を睨みつけた。」とありますが、誰かに殴られたと思って背後を睨みつけたというのも大げさな話ではないのです。

 

そしてさらに痛み以外にも吐き気寒気までも襲ってくると言われていて、そんな症状は意識がなくなるまで続くと言われています。

まさに、最悪の症状です。死ぬ瞬間まで続く最悪の病気なんです。

 

今の段階では『くも膜下出血』が1番辛いものとなっていることは間違いないでしょう!!!!