吉田沙保里を破って金メダルを獲得したヘレン選手、彼女の吉田選手への思いに思わず涙が止まらない・・・

吉田沙保里選手 惜しくも4連覇を逃す…

 リオオリンピックで選手団の主将をを務めたレスリング代表の吉田沙保里選手。4連覇を期待されていましたが、決勝でアメリカのヘレン・マルーリス選手に敗れ、惜しくも銀メダルとなりました。吉田選手は試合後、号泣しながら金メダルを期待されていたことに対して謝罪を繰り返していましたが、彼女の涙に思わずもらい泣きした方も多いのではないでしょうか??

 しかし、吉田選手を破ったヘレン選手も吉田選手に対して特別な思いを抱いていたことが判明しました…。ヘレン選手は少女の頃から吉田選手に支えてもらっていたのです…。

 

 

吉田沙保里選手 画像

1

 

ヘレン・マルーリス選手 画像

1

 ヘレン選手は12歳の頃、両親からレスリングをやめるように言われていたそうです。しかし、当時行われていたアテネオリンピックでの吉田選手の姿に感動し、両親を必死に説得し続けていたそうです!そして吉田選手の様になりたいと思いながらこの12年レスリングに取り組んできたそうです。その思い続けた、少女に夢を追いかけさせてくれた存在の吉田選手とオリンピック決勝の舞台に立てたことは、ヘレン選手にとって大きな出来事であったことは間違いありません!

 吉田選手は謝罪を繰り返していましたが、ヘレン選手だけでなく、多くの人たちに感動や夢を与えてきた存在です!これからも吉田選手の活躍に期待します!!

 

1