高知東生被告・五十川敦子被告 起訴内容を認める!!

注目の初公判!!

元俳優の高知東生被告(51)が覚せい剤・大麻取締法違反(使用)で逮捕された事件で、高知被告と同罪で捕まったホステスの五十川敦子被告(34)ら2人の初公判が31日の13時30分から東京地裁で開かれました。

高知東生被告 画像

1

五十川敦子被告 画像

1

二人は、開かれた裁判で「間違いありません」と述べて起訴内容を認めました。

二人には懲役2年が求刑され、判決は9月15日に行われます。

 

裁判で明らかになった事実

・高知被告は18歳のころから覚せい剤を使用始めた(この証言は弁護人から話す必要がないのではと質問がでたが、高知被告は全てをさらしてリセットしたいと供述した理由を述べた)

・高知被告はバブル終了時に一度覚せい剤を断ったが、その後刺激を求めて再び覚せい剤に手を染めた

・二人の出会いは2006年ごろ

・2010年ごろに高知被告が勧めて五十川被告も覚せい剤を始める(二人の証言に食い違いあり:高知被告は五十川被告が覚せい剤を使用した経験があると思っていたが、五十川被告は裁判で高知被告の勧めで初めて使用したと供述)

・五十川被告はお酒を飲めないため、覚せい剤を使用するとお酒を飲んだ感覚を味わえると言われたことから覚せい剤を使用するようになった。

・2014年に高知被告が覚せい剤を入手できなくなる。その後は五十川被告がインターネットで密売人を探し覚せい剤を購入。それを二人で使用していた。

・高知被告の情状証人には昔からの母親代わりの女性。元妻の高島礼子さんは出廷せず(さまざまな責任が生じることを考慮した上での決断)

・高知被告は覚せい剤使用を元妻の高島さんにばれないように必死に考えていた。

・五十川被告の情状証人には父親が出廷。父親は仕事を全て辞め、娘の更生に尽くすと話す。

・高知被告は月に1回カウンセリングに通っている

・高知被告の保釈金は、飲食店を経営する知人が支払っている。

・五十川被告の保釈金は父親が負担。

・高知被告は、現在知人が経営する会社の社宅で大勢の人に囲まれながら生活している。

・今後二人は二度と会わない(高知被告は電話番号など全てを消去済み)

 

8 7 6 5 4

再犯率が非常に高いと言われている覚せい剤を二人は完全にやめることができるのでしょうか??周囲の人を含めてサポートが必要になってきます。五十川被告は肉親の父親が面倒を見ると言われていますが、高知被告には身内と呼べる人間がいないそうなので心配です…。

注目の公判は9月15日に行われます。

 

関連記事:[clink url=http://gatyapin.info/2016/09/08/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%8C%E8%A6%9A%E3%81%9B%E3%81%84%E5%89%A4%E3%81%AB%E6%B1%9A%E6%9F%93%E3%81%95%E3%82%8C%E3%82%8B%EF%BC%81%E4%BB%8A%E5%B9%B4%E3%81%AF%E7%89%B9%E3%81%AB%E8%A6%9A%E3%81%9B%E3%81%84/]

1