1

自分の遺伝子を知ることでダイエットも成功♪

人間ががやせたり太ったりするのには、食べすぎや運動不足などいろいろありますよね??

では、同じ食事を同じ量食べていても痩せている人や体系の変わらない人がいるのはなぜでしょうか??最近その原因の一つとして遺伝子が関係していることが判明されてきたんです!

同じダイエットをしても人によって効果に差が出るのは当然のこと。自分の遺伝子を知ることでダイエットの成否が決まっているといっても過言ではなかったんです。

 

生まれる前から体質は決まっている?

「遺伝子」とは親から子に受け継がれる、つまり体の設計図です。その遺伝子の数は約2万5千種類もあるといわれています。その両親から受け継がれる遺伝子によって、私たちの顔や体系が、体質など様々なものが決定されています。私たちの生命は、母親の膣内で受精卵がそれぞれ細胞分裂を繰り返しながら人間の体に形成されて、この細胞分裂の段階で人間の体質にある程度決定されているというということなのです。

 

バナナ型・リンゴ型

遺伝子は様々な事を伝えますが、その中にある代謝機能に関係する遺伝子に異変があると人は太りやすくなります。その遺伝子こそが『肥満遺伝子』で、およそ50種類以上あると言われています。

その中に、日本人の97%がそのどれかの遺伝子を持っているという遺伝子が3種類あります。

β2AR(ベータ2アドレナリン受容体遺伝子)

β3AR(ベータ3アドレナリン受容体遺伝子)

CUP1(脱共役タンパク質1)

遺伝子型ダイエットは、それぞれの体型のイメージに合わせて、β2AR」をバナナ型β3AR」をリンゴ型CUP1」を洋ナシ型と呼びます。

これらの型ごとに体型だけではなく、基礎代謝や脂肪が最もつきやすい場所、食べ物の好み、また効果的な運動方法など、特徴があることなどが分かってきています。

さらに性格にも傾向があるみたいで、自分の遺伝子を知るということは自分自身を知ることにつながってくるのです。

 

自分は何型の遺伝子なのか???

この3種類の遺伝子の特徴は・・・

『リンゴ型』

体型・・・内臓脂肪がつきやすい。みぞおち付近がポッコリと出る全体的に丸い体型。

性格・・・比較的に温厚な人。マイペースな人が多い。

体質・・・基礎代謝が3種類の型の中でも最も低く太りやすい。男性や更年期後の女性に多い。

好む食べ物・・・お米やパンと糖質の多いものやビール。

特徴・・・消化が早いので食べすぎの傾向にある。

 

・『洋ナシ型

体型・・・骨格が大きい。筋肉質。下半身が太りやすくお尻や太ももの脂肪が多い。

性格・・・頑固で気が強い。ざまざまなことに熱中しやすい。

体質・・・基礎代謝が低く太りやすい。女性に多い。

好む食べ物・・・脂肪分の多いもの。肉、揚げ物、ケーキなど。

特徴・・・皮下脂肪がつきやすい。内臓脂肪に比べて落としにくい。

 

・『バナナ型

体型・・・手足が細く長い。筋肉も少なく体が薄い。腹下がポッコリの人が多い。

性格・・・神経質。完璧主義。細かいところにもこだわる。

体質・・・基礎代謝が高い。食べても太りにくい。しかし一度太ると筋肉が少ないので脂肪が燃えにくい。

好きな食べ物・・・魚、野菜、果物とヘルシーなもの。

特徴・・・消化器官が弱い。冷え性。むくみやすい人が多い。

 

さああなたはどのタイプでしたか?自分がどのタイプかを見極め自分の体質をしっかり知っておくことで様々なことで成功していくのではないでしょうか♪

 

2