ニューヨークの中心部でテロ発生負傷者29名

アメリカのニューヨークの中心部マンハッタンでテロとみられる爆発が起こりました。

事件は現地時間17日の夜。日本時間18日の朝に発生。

現在詳しいことは分かっていませんが、爆発が起きた場所はマンハッタンで、飲食店や映画館が並ぶ繁華街。

時間も夜8時過ぎと、まだ人が出歩いている時間で車2台のガラスが割れ、中に乗っていた子供もケガを負ったという。

 

アメリカでは、ニュージャージー州で17日の午前九時にマラソンが行われていた会場でパイプ爆弾が爆発している。

この場所では負傷者は出ていないがゴミ箱から多量の爆発物が見つかっており、テロの可能性も見て捜査を進めているという。

 

マンハッタンに留学している大西碧さん(23)は爆発の起こる1時間程前に現場を歩いており、「あと1時間ずれていたら・・・」と恐怖を語りました。

現場は爆発後騒然となり、緊急車両やヘリコプターなどが駆けつけて異様な雰囲気に包まれたという。

テロは忘れたころにやってきます。

海外旅行の際は十分気を付けてください。

ニューヨークテロ