木村拓哉がタマホームのCMを降板させられた理由が判明

 

SMAP解散騒動で大きくイメージダウンしてしまった木村拓哉ですが、現在もそのイメージダウンを止めることはできずにいます。

その影響は主な収入源にもなっているCMにも影響し始めています。

 

・タマホームのCMを降板させられたと報道

木村タマホーム

契約が終了したという可能性も否めないですが、9月から木村に代わりシンガーソングライターの矢野顕子が出演しています。

ここでなぜ降板になったかという話が議論されていますが、実は木村が出演していたCMはかなり評判が悪かったと言われています。

 

クラブのピアノにもたれかかりお馴染みの歌を歌うという演出でしたが、くねくねした感じが木村であっても受け入れられなかったらしく「気持ち悪い」という声が多く上がったそうです。

 

実は、木村が出演するCMには元マネージャー女史が立ち会っていたと言い、細かく指示も飛ばしていたそうです。

しかしこのCMを撮った時には既にマネージャーはおらずこのような内容になったとのことです。

 

・木村との共演を避ける芸能人も

このイメージダウンはドラマにも影響を及ぼしており、新しく役を務めるドラマが決まっても相手役のヒロインが決まらないという事態になっているそうです。

やはり共演したことによって悪いイメージを植え付けられかねないというリスクを避けてのことだと関係者は語っています。

 

超人気者に上り詰めた木村が都落ちの危機に瀕しています。

今年いっぱいでSMAPも解散ということになり、来年以降は芸能界の序列やテレビの在り方が一掃されるかもしれません。