西川史子が激やせしガンの可能性が浮上…胃腸炎で入院した本当の理由とは…(画像)

 

医師でタレントの西川史子(45)が短期間の間に激やせしていると話題になっています。

テレビでの発言も少々おかしな所がありネットでも物議を醸しています。

 

・重病の可能性

西川は2014年1月に実業家の福本亜細亜と離婚、そして今年5月に急性胃腸炎で入院しました。

約10日間に渡り芸能活動を休止して復帰したのですが、著しい痩せ方にネットでは心配の声が相次ぎました。

 

しかし、トーク番組では「マンションのローン残高が9600万円であと33年かかる」「男性の部屋にみりんがあったら浮気している」と軽快な発言で元気な姿を見せていました。

 

そんな中9月28日に放送されたフジテレビ番組「ノンストップ!」に出演した際に、短期間で激やせしているとの声が上がり重病を患っているのではないかとも言われています。

西川激やせ1 西川激やせ2

確かに別人のように見えるほど痩せていますね。

頬骨がくっきり浮かんでいるのであまり良い痩せ方とも言えません。

 

急性胃腸炎で入院したと言っていましたが、本当は胃ガンだったのではないかとも言われています。

ここ最近の番組出演でも発言途中で突然泣き出したりと情緒不安定な部分があったので、更年期障害という声もありますが病気に蝕まれている可能性も少なからずあると言えます。

 

似たような痩せ方をしていたのは川島なお美で、彼女もガンに蝕まれていました。

それから程なくして亡くなったため、今回の西川の激やせも注意が必要です。

 

本当にただ痩せているだけで、これから回復に向かってくれることを祈りたいですね。

西川激やせ3