世界最高峰の競馬レース凱旋門賞にマカヒキ出走

フランスのシャンティイ競馬場で行われる凱旋門賞。本来はロンシャン競馬場で行われているが、改修工事の為シャンティイ競馬場で行われている。

今年は日本からマカヒキが出走。

 

これまでの凱旋門賞の結果

ディープインパクトという馬は競馬をしない人でも知っている方は多いでしょう。

その日本最強と言われた馬でも凱旋門賞に出走した時には3着にやぶれ(後に違反の為取り消し)ていた。

 

その後、オルフェーヴルが2年連続で2着になるという快挙を上げたが、凱旋門賞で1着になるという夢は成し遂げられなかった。

そして今回、マカヒキが凱旋門賞に出走した。

 

今年は凱旋門賞にマカヒキが出走

凱旋門賞と同じ競馬場で行われたニエル賞に出走した際、アクシデントが発生。

蹄鉄と呼ばれる足に着ける金具が外れたにも関わらず1着にあるという実力。

過去最強の日本馬と期待が寄せられていた。

 

凱旋門賞のマカヒキの結果

マカヒキはこれまでの日本馬では異例な1.2番人気を行き来するほど人気が認められていた。

マカヒキはレース序盤は4番手あたりを先行。

3コーナーでは折り合いが付き脚を溜めた。

残り3ハロンで鞭を叩くも14着に終わった。

マカヒキ凱旋門賞