エイズを発症させるHIVウイルスを完全に除去する治療法が確立される!患者激減の可能性が現実に

 

数十年前から人に対して絶対的な脅威とされてきた病気であるエイズ。その病気を発症させるウイルス「HIV」を完全に除去する治療法が確立され話題になっています。

 

・不治の病、エイズ

エイズ

発症したら実質ほぼ死に至るとされる恐怖の病気エイズは昔から大々的に問題視されてきました。

幾度もエイズの発症減であるHIVウイルスを根絶する治療が試行錯誤されてきましたが、そのどれもが失敗に終わっています。

 

HIVウイルスは感染すると、免疫系を司る重要な細胞を乗っ取り免疫低下に陥ります。

免疫が低下すると、普段感染しないような病原菌にも感染してしまい最終的に合併症などで死に至ります。

 

今回イギリスの共同研究チームが新たな治療法でHIVウイルスを完全に除去することに成功しました。

しかも既にHIVに感染している男性に対して治験を実施しており、治療の結果、血中に存在するHIVウイルスを完全に除去出来たと発表しました。

 

治療内容は最終試験段階ですが、現在も50人に対して治験を行っており結果を出しているそうです。

治療前には確認されていたHIVウイルスが、治療後には全く確認されなくなったそうで、この治療法が世界的に普及すればHIVウイルスを根絶することも可能ということになります。

 

まだ完全な治療法としては発表されていないので、病院で導入されるのは数年後になると見られていますが人類にとって大きな進歩になったのは間違いないでしょう。