バッテリーが上がった車が急に暴走!1人死亡

10月4日の午後4時ごろ、八戸市田向毘沙門平の商業施設駐車場で70代男性を乗せたバッテリーの上がった車が急に暴走し搬送先の病院で死亡しました。そのほかにケガをした人はいなかった。

暴走した車

2

事故の背景

警察の調べによると、死亡した70代男性は車のバッテリーが上がっていることに気付き近くの駐車場に止まっていた車の所有者に「バッテリーが上がってしまった。電気を分けてほしい」と頼んだ。

所有者がブースターケーブルでバッテリーが上がった車と自分の車を繋ぎ充電を始めました。その間、70代男性はバッテリーが上がった車の中に待機していました。すると、男性を乗せた車が急に発進し暴走を始めたのです!

暴走した車は駐車場に止めてあったほかの車7台にぶつかり最後は歩道に乗り上げて車は停止しました。

 

暴走した車に乗っていた男性はすぐに救助されましたが搬送された病院で死亡が確認されました。

その際車のシフトレバーはニュートラルに入っており、エアバックも作動していました。警察は死亡した男性が車の操作を誤った可能性もあるとして捜査を進めています。

 

この事故は決して他人事ではありません。もし操作の誤りではなかったら?

車のバッテリーが上がることは誰にでもあり得ることです。バッテリーが上がってしまった経験をした人も多いと思います。

そしてこの事故が操作の誤りでの暴走だとしたら、改めて車のバッテリーが上がった際の対処方法を改める必要があると思います。

自分の対処方法は間違いないと思っている人は、今一度しっかりとした対処方法を確認した方がよさそうです!

2