ニュース

ヒラリー・トランプのテレビ討論会アメリカの反応「史上最悪の中傷合戦」、しかし日本のツイッター民はww(画像あり)

 
1

ヒラリー・トランプのテレビ討論会アメリカの反応「史上最悪の中傷合戦」、しかし日本のツイッター民はww

アメリカ大統領選第2回テレビ討論会 史上最悪の中傷合戦!!

日本時間の10日にアメリカ大統領選2回目のテレビ討論会が中西部ミズーリ州の大学で行われました。討論会前に共和党のトランプ候補「有名人になれば女性は何でもしてくれる」と女性を差別する言葉を発した録音テープの存在が発覚し、討論会でも民主党のクリントン候補や司会者から厳しく追及される場面がありました。この発言に対しトランプ候補は「家族とアメリカ国民に謝罪する」と述べ、この発言については「更衣室で交わす会話のようなものだ」と私的で悪ふざけのような会話だったと釈明しました。

一方トランプ候補からはヒラリー候補の夫で元大統領のクリントン氏の女性問題を取り出し、「自分は言葉だけだが、クリントン元大統領は行動で女性を傷つけた」と指摘、第2回のテレビ討論会はお互いの政策よりも二人の不祥事を蔑む場面が多く、誹謗中傷の討論会となってしまった。

今回のテレビ討論会に対しワシントン大学の教授で、アメリカ政治が専門のピーター・カスター氏は、「今回の討論会は大統領選挙の討論会の歴史上、最もひどい中傷合戦だった。冒頭の15分間は怒りと非難に終始し、その後、次第に政策論争も行われたが、そこでも互いの中傷が行われた。通常、候補者は、冒頭、握手をするものだがそれも行われず、怒りに満ちた討論会だった」と酷評しています。また討論会が行われた大学に通う学生からも、もっと政策について討論して欲しかったと残念がる声が上がっていました。

 

二人の姿が○○に見えると話題にww

一方日本では二人の討論会の様子を見たツイッターユーザーからこんな指摘がww

1

2

3

1

引用元;https://twitter.com/makotopic/status/785462177150869504

二人の姿が「男女ディオシンガーにしか見えない」とのツッコミがww確かに仲良く歌っているように見えますね(*‘∀‘)二人が仲良くカラオケにでもいけばお互いを誹謗しあう討論会にはならないのかも知れませんねww


  本日の注目ニュース
この記事が気に入ったら
いいね!しよう

黒子速報の最新情報をお届けいたします!

あなたにオススメ

関連記事

  1. 事故現場画像 福岡・原三信病院タクシー事故 事故を起こしたタクシーに驚愕の新事…
  2. 1300人売春 【画像】1300人に売春させた女性を逮捕!被害者女性にも批判!
  3. となりのトトロ となりのトトロの結末に感動!ネコバスが最後に向かう行き先とは?
  4. 26日から劇場で公開が開始された『君の名は。』過去最高傑作となっ…
  5. 1 坂口杏里の本当の借金金額は2000万円!!芸能リポーターの井上浩…
  6. 事故現場画像 福岡博多駅前陥没事故 死亡者0人の日本の対応に韓国から称賛の声
  7. のんちゃん現在姿 『大好き!五つ子』に「のんちゃん」役で出演していた少女の現在がこ…
  8. 「戦争ラブな男とはHしない会」⇒「はぁ!?」Twitter大炎上…

新着記事

  1. 【画像】福岡の病院で、院長や看護師が手術室で記念撮影!患者は全身麻酔で横たわっている状況
  2. ツイッターで中2女子と知り合い、静岡のホテルで全裸撮影をした小宮悟容疑者を逮捕!自宅から女性用下着などが発見(画像)
  3. 高畑淳子 自宅に駆け付けた報道陣にブチ切れ!「私が何をしたんですかぁッ!」 高畑淳子
  4. 【容疑者画像】前橋1歳女児虐待死亡事件 虐待の疑いで逮捕された北爪順子容疑者のご尊顔! 前橋1歳女児虐待死亡事件
  5. 筑波大病院で致死量6人分の筋弛緩剤が紛失!盗難の可能性あり 筑波大病院で致死量6人分の筋弛緩剤が紛失
  6. 名古屋市のセブンイレブンでアルバイトの店員に違法な裏罰金契約をしていたことが判明! セブンイレブン不祥事
  7. 北海道函館市で行方不明になっていた小4男子を無事保護、見つかった場所は…(画像) 函館 小4男子 行方不明
  8. 福岡県早良区で15歳の女子高生に包丁を突き付けた男を逮捕、さらに会社員に対して…
  9. 冨田真由さん刺傷事件の裁判で、意見陳述中に岩埼被告が大声で叫び騒然! 岩崎友宏
  10. 速報!前橋市女児虐待死亡事件 母親の知人を逮捕!悪魔祓いと称し虐待した疑い 前橋市、虐待事件

アクセスランキング

新着記事

  1. 高畑淳子
  2. 前橋1歳女児虐待死亡事件
  3. 筑波大病院で致死量6人分の筋弛緩剤が紛失

PICUP

PAGE TOP