慶応のミスコンが中止になった理由はサークルメンバーが出場者を強姦したからだった!エグ過ぎる内容が明らかに…

 

毎年恒例の慶応大学のミスコンが今年突如中止となりました。発表されたのは10月4日で、その理由を大学側は「複数の未成年が飲酒をした」と説明しました。しかし、本当の理由はもっと闇の深いものだった…。

 

・ミス慶応コンテスト中止の真相

慶応

大学は中止理由を説明し「慶応大学広告学研究会」の解散を命じました。

確かに未成年飲酒事件を起こして、そのサークルが解体されることは間違ってはいないです。

 

しかし、出場予定だった一人の女性が真相を週刊誌に話しました。

広告学研究会に所属している18歳の女性の話によると、9月初旬に神奈川県で行われた合宿でサークル男女メンバーと飲酒をしたそうです。

飲酒をしたというのは事実のようですが、ここからが表では語られていない慶応の闇でした。

 

18歳女性は泥酔状態になると、複数の男性メンバーから性行為を強要されたとのことです。

「一人が抵抗する私の腕を押さえつけて、残り二人が上にかぶさってきた」

という行為の内容の一部も話しており、さらに男性メンバーは18歳女性が強姦されている様子をスマートフォンで撮影していたそうです。

 

他にも様々な辱めを受けたそうですが、詳しい内容は週刊誌で発表されるとのことです。

これをうけて被害女性の母親が大学側に抗議を入れましたが、大学学生部は「警察に行け」の一点張りで全く取り合わなかったそうです。

 

事実上、大学は強姦の事実を無かったことにして飲酒の事実だけを公開したということになります。

大学ではサークル内での男女による性トラブルが多く発生しています。

 

今回の内容も恐らく事実で、泣き寝入りさせようとした結果被害女性が週刊誌に話を持っていったのでしょう。

今週発売される週刊誌に内容の全貌が掲載されているとのことなので、大学の黒い実態が公になる可能性があります。

 

新しい情報が入り次第配信していきます。

更新しました!
[clink url=”http://gatyapin.info/2016/10/13/%e6%85%b6%e5%bf%9c%e5%a4%a7%e5%ad%a6%e3%81%a71%e5%b9%b4%e7%94%9f%e5%a5%b3%e5%ad%90%e3%81%8c%e3%82%b5%e3%83%bc%e3%82%af%e3%83%ab%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%83%90%e3%83%bc%e3%81%8b%e3%82%89%e5%bc%b7%e5%a7%a6/”]

慶応