霊長類最強と言われたヒョードルの次女ワシリサ(9)が何者かに襲われ病院に搬送!

知らない方のためにヒョードル氏を少し紹介します。名前はエメリヤーエンコ・ヒョードル。ロシア人で総合格闘家でサンボ選手。

格闘家としての成績は↓

元WAMMA世界ヘビー級王者・元PRIDEヘビー級王者・元RINGS無差別級王者・元RINGSヘビー級王者と数々のタイトルを獲得し、2010年に敗北してしまったのですが、その敗北するまで10年間無敗という記録を作っています。敗北する2010年までは日本だけでなくアメリカなどからも「格闘技界全体で最強」とまで言わていました。また長年活躍したロシアのトップアスリートだけに贈られる『スポーツマスター』の称号を持つというまさに霊長類最強の男なのです。2012年6月に引退しています。

エメリヤーエンコ・ヒョードル

1

そんな最強の男ヒョードルの次女が何者かに襲われて病院に搬送されました。

ロシアメディアによると

ヒョードル氏の次女ワシリサ(9)がモスクワの路上で何者かに腹部を殴打され病院に搬送されました。ヒョードルはこの件に対して南部に位置するチェチェン共和国の独裁者のカディロフ首長(40)を批判しているようで、ロシア国内はカディロフ派の仕業という見方が広がっています。

カディロフ首長

2

なでヒョードルはこのカディロフ首長を批判しているかというと、このカディロフ首長は総合格闘技団体を主宰。ここまではいいのですが、最近自分の子供のアダム君(8)をリング上に上げ防具も付けさせないで戦わせていたのです。

このこともありヒョードルはカディロフ首長を批判していたんです。そして格闘技の危険性を誰よりも知っているヒョードルは「一撃が生死に関わることもある」と口にした。しかしこれを聞いたカディロフ首長は逆にヒョードルに謝罪を求めているという。

 

実際にはまだカディロフ派の仕業とは分かっていないのですが、もし犯人が見つかったらヒョードルはどうなるのでしょうか??最愛の娘を病院送りにした犯人をタダでは許さないような・・・

3