ビートたけしが「オールスター感謝祭」を出禁になっている理由がこちら

 

ビートたけしが15日に放送されたTBS放送の「新・情報7days ニュースキャスター」に出演し、同局放送の「オールスター感謝祭」を出禁になっていることを明かしました。

 

・オールスター感謝祭を出禁になった理由

たけし

番組の冒頭に安住紳一郎アナウンサーが先週は「オールスター感謝祭が放送されたために2週間ぶりの放送となります」とコメントし、「たけしさんもいつか出演してくださいね」と話題をふりました。

 

するとたけしは「俺出禁になっちゃってるらしいよ」と発言した上で「俺が出演してくだらないことをやり過ぎて報道局の上(情報局)が怒っちゃって『あいつは二度と使うな』と言ってるらしい」と衝撃の内容を打ち明けました。

 

これには安住アナも表情がこわばりましたが、さらにたけしが「残念な結果になってしまった」と過去の行動を悔いるような発言をし安住アナが「あまり詳しくは聞きません」と話題を打ち切りました。

 

・ふざけた内容とは

ここで気になるのが、どんなことをして出禁になったのかということです。

ビートたけしともあろう人物が簡単に出禁になるとは思えないのですが、ネットで『この発言が信憑性高い』という情報を出していましたので紹介します。

 

とある回でオリエンタルラジオの藤森とたけしが絡む場面がありました。

その中でたけしが「孕ませて堕ろさせたんだろ?」という発言をしたそうで、情報局が不適切と起こってしまったという可能性があるようです。

 

藤森は過去に交友を持っていたモデルの女性を妊娠させ中絶させた事実があります。

本人も認めており、350万円の慰謝料を払っていたことも謝罪と共に話しています。

 

確かにテレビで「孕ませる」とか「中絶」とかいう言葉を面白おかしく言うのは倫理に反していると言えます。

ビートたけしが出禁になったのも仕方ないのかなと思いますね。