小倉智昭、膀胱がん発覚するも男性機能失いたくないと摘出を拒否!現在の状態も判明

 

キャスターの小倉智昭(69)が膀胱がんを患っていることをカミングアウトしました。

医師から摘出を要されるも男性機能が失われるのが嫌だと言い、手術を拒否したそうです。

 

・現在も膀胱がんと闘う(?)

小倉

小倉智昭が16日に放送されたBS朝日「ザ・インタビュー ~トップランナーの肖像~」に出演した際に、自身が膀胱がんを患っていることを告白。

5月に手術をするということでフジテレビ放送の「とくダネ!」を1週間休み内視鏡手術を受けました。

しかし手術の裏には衝撃の事実が隠されていました。

 

担当医「あまり宜しくないですね。膀胱の左半分にがんがあるので膀胱を全摘出しましょう。」

小倉「ちょっと待ってください。全摘出というと男性機能も無くなるということですよね?」

担当医「精巣や前立腺などは取り除いてしまいます。」

小倉「やっぱり男としての機能が無くなるのは嫌だし、尿意も感じなくなるわけでしょ?」

担当医「そうですね。膀胱の代わりにパックを取り付けてそこに尿道を結び付け、2時間ぐらいの間隔で捨ててもらうことになります。」

このような会話をしたと言い、それから小倉は自分で膀胱がんについて調べ、セカンドオピニオンを受けたりと最終的に「膀胱がんは摘出していない」と説明しました。

 

現在の状態は「海外で注目を集めている遺伝子治療をしています。毎週、保険の効かない点滴を打ってそっちに賭けようと思う」と語っています。それから転移はしていないとのことですが、ちょっと甘く考えすぎているような気もします。

 

また、生活レベルを下げてもパックを付けたくなかったと言っており、聞き手によっては侮辱的な発言として批判も受けています。