慶応大学のミスコンの中止になった本当の理由

慶応大学の毎年恒例のミスコンが中止になった理由として大学は主催する広告学研究会で未成年の飲酒が発覚したためだと発表した。

しかし、サークル内での集団強姦事件が発覚し、被害者が警察に被害届を出し受理された。

わいせつ行為の時にはテレビ電話で中継する動画が流出し学生内で出回っている。

 

被害者女性が県警に被害届を提出

この事件は9月2日に広告学研究会というサークルが「海の家」を運営しており、その活動拠点とされる神奈川県葉山町の合宿所での飲み会で発生した。

慶応大学の男子6人、女子1人で行われた飲み会で無理やりアルコール度数の高いテキーラなどを飲ませるなどして女性を泥酔させ、性行為を強要。

抵抗した女性を複数人で抑えつけるなどして強姦した疑いがもたれている。

 

また、この時の様子をスマホなどで撮影し、他の学生に流出させた疑いがもたれている。

主犯格の1人は自身のfacebookのアカウントを閉鎖し証拠隠滅も行い、周囲の人間には「彼氏がいるのに肉体関係は合意のもとで行った」という事を強調し口裏合わせを行っているそうです。

 

被害者女性は大学側に相談をしたものの「警察に行けばいい」と他人事のように言われただけで何も対応はなかったという。

その後、被害者女性は神奈川県警に被害届を提出。受理されている。

神奈川県警と言えば先月判明した大口病院の点滴殺人事件も取り扱っている。

院内関係者の犯行とほぼ確定していながら犯人を特定できていないなど、捜査の甘さが追及されており、今回の慶応大学学生のレイプ事件の捜査を解決し手柄を上げようとしている。

 

大学のホームページから画像が削除

この事件が話題になり、集団暴行を行った犯人探しが行われている。

犯人が掲載されていると思われている画像が出回ると「ヤンキーの集まり」「悪いことやってる顔」などとネットでも話題に。

問題の画像がコチラ

慶応大学集団暴行事件犯人

全員の集合写真ではないと思われますが、この中に犯人や被害者も含まれている可能性もあります。

 

集団暴行事件が与える慶応大学の偏差値への影響

この事件が大学へ与える影響は大きいと思われます。

大学内でレイプ事件が発生したとなれば、少なくとも女性からの信頼は撃沈です。

学生はもちろん、大学へ通わせる親御さんも反対する理由としては十分であり、大学の無責任ともいえる対応は信頼できません。

この問題の解決の方法によって、来年からの受験者数に多大なる影響を与え偏差値の低下になることも十分あり得るでしょう。

 

長年続く慶応大学のミスコンがこのような事件が原因でなくなるのは悲しいですが、早く犯人を逮捕していただきたいです。

慶応大学集団暴行事件犯人