六本木・鉄パイプ落下死亡事故 解体業者の手抜きの実態が判明・・・

六本木・鉄パイプ落下死亡事故 被害者の飯村一彦さんは通行帯を歩いていたことが判明!

今月の14日に東京六本木で、解体作業中のマンションから鉄パイプが落下し、歩道を歩いていた新宿区の無職・飯村一彦さん(77)の頭に直撃し、死亡事故が発生した事件で、飯村さんが事故時に通行帯を通っていた事が判明しました!

1

飯村さんは落下物が当たらないように歩道の車道側につくられた通行帯を奥さんと歩いていましたが、解体作業中のマンションの9階~10階あたりから落下した鉄パイプが頭に直撃し、病院で死亡が確認された。死因は脳挫傷。

通常、荷降ろし作業中であれば歩道に配置されている地上誘導員が歩行者の通行を止めるが、誘導員が事故当時は荷卸し作業が行われていないと判断し飯村さん夫婦を通行させていた。警視庁では解体をしていた作業員と地上誘導員との間の連絡体制に問題がなかったかを捜査する方針です。

2 3

落下した鉄パイプ

・長さ約1.8メートル×直径約3センチ

作業員のコメント

・作業中している時に、誤って(鉄パイプを)落下させた

解体業者「アール・エヌ・ゴトー」のコメント

・起こしてはいけない事故で、大変申し訳ない

 

事故の詳細が徐々に判明しています。不幸な事故として片づけられそうにはありません!解体業者の安全管理に問題があったのは間違いなさそうです!

関連記事[clink url=”http://gatyapin.info/2016/10/15/%e5%85%ad%e6%9c%ac%e6%9c%a8%e3%83%bb%e9%89%84%e3%83%91%e3%82%a4%e3%83%97%e8%90%bd%e4%b8%8b%e6%ad%bb%e4%ba%a1%e4%ba%8b%e6%95%85%e3%80%80%e5%ae%89%e5%85%a8%e5%af%be%e7%ad%96%e3%81%8c%e4%b8%8d%e5%8d%81/”]