USJの都市伝説・怖い噂

次々に新しいアトラクションを出し続け、2014年にはハリーポッターがオープンするなどして
集客数を伸ばしているユニバーサルスタジオジャパン(USJ)
ハロウィンイベントでも注目を浴び、ゾンビメイクのキャストが徘徊するなど
話題を呼び関西だけではなく日本中から人々が集まっている。

そんなUSJの都市伝説がヤバイと噂になっている。
身の毛がよだつものや、あっと驚くものばかりなので、
まだ知らない方はどうぞご覧ください。

USJ不気味な都市伝説

 

モンスターライブロックンロールショー

モンスターライブロックンロールショーは、全ての世代が楽しめるショーですが、
見終わったお客様に感想を聞いたところ多くの方が、
いないはずの人物のパフォーマンスを見ていたそう。
そのことに気付けるのは本当のショーの内容を知っているスタッフだけ。

実はこのアトラクション、戦時中の防空壕の跡地に建てられていて、
そんなことも、集めてしまう要因なのかもしれません。
もしあなたがショーを見ていて、違和感を覚えるようなキャストがいれば、
それはあなたにしか見えていないかも・・・。

モンスターライブロックンロールショー都市伝説

バックドラフトで叫び声!?

バックドラフトの舞台は化学工場。
火災の現場を生の迫力で体験できるというもので、
目の前でドラム缶が爆発したり、巨大な炎が上がったり、
衝撃とともに崩れ落ちてくる鉄骨など、その恐怖や緊迫感は
アトラクションだということを忘れてしまいそうなほど。

そんな人気のアトラクションにも不気味な都市伝説が噂されています。

ドラム缶が突如大爆発し、炎が天井を覆い尽くし、
きしんで傾いていく最も恐怖を感じるシーンで、女性の叫び声がするというのです。

バックドラフト都市伝説

実際アトラクションにそんなシーンはありません。
これは閉園間際の最終の回でのみ聞こえるといいます。
この都市伝説、スタッフの間では有名なんだそうです。

 

どこかに存在する、問題ありなスポット

どこかは詳しく分かっていないが、USJパーク内にはこんな都市伝説もある。
なぜか大量のお札が貼られているスポットがあるというのだ。

USJアトラクションの都市伝説
それはとあるアトラクションのバックヤードにあると噂されている。

そのアトラクションは、不具合により緊急停止することがまれにあり、
途中で降りなければいけないことがあるという。
実は霊感がある方の中には、気分が悪くなってしまったり、悪寒がしたりするらしい。

アトラクションから降りた後、バックヤードを通り出るのだが、
そこで大量のお札が目撃されているようなのです。

このことは口外しないよう口止めされたり、恐怖のあまりトラウマになり
進んで話さない人がほとんどなんだそう。
よほどショックな光景なんでしょう。
もし、遊びに行った際アトラクションが不具合で緊急停止なんてことになったら、
ドキドキしてしまいますね。
見たいような見たくないような・・・

 

真実はあなたの目で・・・

人がたくさん集まるところには、人ではないものも集まってしまう・・・といいますよね。
テーマパークの裏側は、実は別の一面もあるのかもしれません。
真実はどうぞあなた自身の目でお確かめください。

 

USJ都市伝説