千葉県・八街市文違で小学生にトラックが突っ込む事故

トラックを運転していた男性によると助手席に座っていた同僚と話していたら夢中になってしまい、小学生の登校している列に突っ込みそうになった為、ハンドルを右に切ったが反対車線の対向車と接触しそうになったので左にハンドルを回したところ11人で登校していた小学生の集団に突っ込んでしまったそうです。

小学生の状態

事故が発生した時間は車通りが多い出勤の時間帯で、小学生も投稿していたという。
小学3年生の男の子は頭を強く打ち頭蓋骨骨折しているそうですが、現在は命に別状はないという。

しかし、この時に少なくとも4人はケガをしている。
容体は詳しく分かっておらず、警察は運転をしていた男性から事情を詳しく聞き事故の状況の調査に当たっているそうです。

この時に事故の様子を目の前で見ている小学生も多く、心にも影響を与えるかもしれません。
事故のあった現場は住宅街であまり大きい道路ではなかったようです。

トラックなど大きな車の抜け道としても利用されているそうですが、だからこそ注意して運転していただきたいですね。

運転をしていた19歳男性を逮捕

警察はトラックを運転していた19歳の少年を過失運転致傷の疑いで現行犯逮捕しました。
逮捕された男性は飲酒や薬物などはしていないそうですが、さらに詳しく取り調べを受けているようです。

千葉県 交通事故