カトパンがフジテレビ大社のきっかけを告白

カトパンことフリーアナウンサーの加藤綾子(31)が6日に放送された「ボクらの時代」に出演した際にフジテレビを退社するきっかけとなった出来事に対し、生放送中止に失神し途中退席したことがあることを告白しました。

そのことをきっかけに「自分の体を優先して考えようと思った」と話しました。

加藤綾子

加藤綾子

失神した日のことについてカトパンは

カトパンは失神した日のことについては、当時は風邪気味だったみたいですが、欠席するほどのことではなかったらしい。

今までも体調を壊し出社するのも厳しい状態でも「“まだいける”という意識で持ち直して、お尻を叩いていた」と話しました。

しかし、この日は原稿を読んでいた際に息が苦しくなってきたという。

その後、別のアナウンサーのニュースを立って聞いていると酸欠状態に陥り「気づいたら倒れていました」と当時の状況を振り返りました。

 

この日のことがきっかけにフジテレビを退社

今までも体調が悪いときは『まだいける』と自分に言い聞かせて尻を叩いて仕事頑張っていたようですが、無意識に意識がなくなり倒れてしまったことで「もうちょっと体を優先して考えようと思った」と自分の体を気にするようになったみたいです。

しかしこの日出演していたフリーアナウンサー3人のカトパンを含めた古舘伊知郎(61)、宮根誠司(53)の2人がカトパンに対して、

古舘伊知郎→「めざまし(テレビ)を辞めたかったんだね。すべての大義にくるまれる。ただ退社してフリーになったのではひんしゅくだから」「“フジテレビよ眼を覚ませ”ってメッセージだったんだね」

宮根誠司→「めざましが嫌いになったんだね」とジョークを交えた大先輩からの厳しいコメントwww

 

さらに最後には古舘伊知郎さんから「違うアングルで見たら、この話は嘘で倒れた可能性があります」と体の心配は後回しwww

カトパンもまさかの先輩の言葉に苦笑いの様子でした( ;∀;)

フリーになった理由を告白