神宮外苑火災事故 5歳の男児と男性2人がケガ、日本工業大工学部の作品は過去の盗作品!?

 

6日の午後5時20分ごろ、東京都新宿区明治神宮外苑のイベント会場で日本工業大工学部の作品が炎上し、佐伯健仁(けんと)君(5)が焼死、子供を助けようとした男性2人がやけどなどのケガを負う事故が発生しました。

事故原因は現在、警察と消防で調査中ですが、燃えた作品の中にあったおがくずがLEDライトの熱で発火した可能性が高いと見られています。

火災現場 画像

現場画像

火災現場 動画

 

5歳の男の子が死亡するという痛ましい事故。おがくずが発火するという危険性は検討されていなかったのでしょうか??さらにここである疑惑が浮上しています!そもそもこの日本工業大工学部の作品は「盗作」なのではないかと言われているのです!

 

火災したアート作品に盗作疑惑!!

今回、火災が発生したのは日本工業大工学部の建築学科の学生らが所属する「新建築デザイン研究会」が手がけた作品。木製で出来たのジャングルジムのような建物の中におがくずが入っており、複数のLEDライトでライトアップされ、中で遊べるような仕様になっていました。

火災した作品 火災した作品画像

しかし4年前に開催されていた「東京デザインウィーク2012」の中で公開・展示されていた作品MOUNTAIN GYMにたいへん酷似しているのです。

MOUNTAIN GYM 画像

過去の作品画像 過去の作品

こちらの作品は建築家の谷尻誠さんが手がけたもので木製のジャングルジムで、おがくずだけは無い使用です。作品の大きさは違うようですが、新建築デザイン研究会が手がけた作品とよく似ています。盗作したと疑われても仕方ないと思います。

疑惑について今後、検証が行われるかは不明ですが、事故原因だけはしっかりと検証してもらいたいものです!

関連記事[clink url=”http://gatyapin.info/2016/11/07/%e3%80%90%e7%94%bb%e5%83%8f%e3%81%a8%e5%8b%95%e7%94%bb%e5%a4%9a%e6%95%b0%e3%80%91%e7%a5%9e%e5%ae%ae%e5%a4%96%e8%8b%91%e3%81%ae%e7%81%ab%e7%81%bd%e3%81%ae%e5%8e%9f%e5%9b%a0%e3%81%a8%e3%81%aa%e3%81%a3/”]