凄いぞキンコン西野!西野が描いた絵がなんと1000万で売れた!そしてその使い道とは(画像あり)

キンコン西野の絵が1000万で売れていた!!

お笑いコンビキングコング西野亮廣(36)。

自身のブログで芸人引退を宣言して誰もが驚きを隠せなかったのですが、いざ絵本作家になるとすぐに成果を上げて見せました。

西野は現在東京・渋谷区の「SEZON ART GALLERY」で、西野が描いた絵本「えんとつ町のプペル展」を開催しています。(30日まで)

そしてなんとその作品が1000万円で売れていたのです!!!

キンコン西野

絵本作家

西野作「えんとつ町のプペル」

この作品で使用した全41点の限定1セットがななななんと1000万円で売れていたのです。

そしてその1000万円について事務所側は「西野本人に入る売上は全額次回作の制作費に回します」としているようです。

さらにこの「えんとつ町のプペル」は10月21日に発売されているのですが、Amazon書籍総合ランキングで1位を記録しており、すでに売り上げ発行部数は7万部を突破しているのです!

芸人として活動しているときよりはるかに成果を上げているといっていいでしょう。

 

西野が芸人を引退することを宣言した際にネットユーザーの反応は「話題作りでしょ」「やってることが寒い」「宣言しなくていいから、勝手にどうぞ」とかなりのバッシングがあったのですが、ここまでの成果あげるのは本当に大したものだと思います。

これからはバッシングではなく応援してくれる人が増えてきそうですね(^^♪

 

それでは西野作「えんとつ町のプペル」数枚の画像をどうぞ♪

西野作

西野作2

 

西野作3

西野作4

西野作5