月が地球に最も接近する「スーパームーン」 残念ながら全国的に天気は悪いみたい・・・

 

この日を楽しみにしていた人も多いのではないでしょうか!11月14日は月が地球に最も接近し、月が大きく見える「スーパームーン」現象を天気が良ければ見ることができます。今回のスーパームーンは1948年以来、実に68年ぶりの現象です!

スーパームーンとは・・・

満月または新月と、楕円軌道における月の地球への最接近が重なることにより、地球から見た月の円盤が最大に見えることである。

引用元;ウィキペディアhttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%83%BC%E3%83%B3

月が地球に最も近づくのは20時21分ごろで、その後、22時52分に満月となる予想。気になる14日の各地の月の出の予想は次の通り。

・札幌 16時22分

・仙台 16時32分

・新潟 16時40分

・東京 16時40分

・名古屋 16時53分

・大阪 16時59分

・広島 17時12分

・福岡 17時22分

・那覇 17時42分

 

しかし、残念ながら全国的に14日の天気は悪い予報が出ており、見れる可能性はかなり低いみたいです。

九州と四国は雨や雷雨で、 中国地方や近畿・東海・関東甲信も夜には広い範囲で雨が降る予報となっています。

北陸や東北・北海道は日中は晴れるものの、夜は雲が増えて、雨の降る所もあるとのこと。 沖縄も日中は晴れますが夜は曇り空に変わる予報となっています。

68年ぶりのスーパームーン、ぜひ見てみたいものですがかなり難しそうです…。見られた人は幸運かも(*‘∀‘)

スーパームーン画像