山口県下松市の工業用水のためのトンネル工事現場で事故がありました。

16日正午すぎ、工業用水のためのトンネル工事現場で、補修工事をしていたところ体調不良を訴え倒れたとの通報があった。
約3時間半後に9人全員が救出されたが、うち一人は意識が混濁している状態。

現場はトンネルの入り口から1.5キロほどの場所で8人が作業中だったが、坑内から出てこないため外にいた1人が様子をみに

行ったそうです。

 

消防本部による報告

下松市消防本部の報告によると、2人は自力で坑内からでてきた、残る7人を消防隊員が救出、1人がドクターヘリで搬送ました。
1人が意識が混濁している状態なんだとか・・・

事故発生時、トンネル内には一酸化炭素が充満していたそうです。

【画像】
%e3%83%88%e3%83%b3%e3%83%8d%e3%83%ab%ef%bc%92