医療用麻薬を持ち出し使用!?

16日、神奈川県警は、横浜市都筑区荏田南にある横浜旭中央総合病院に勤務する医師・安達奏容疑者(31)を麻薬取締法違反の容疑で逮捕しました。手術後の破棄する麻薬を持ち出したところを病院関係者に目撃されたことで発覚。

麻薬

医療用麻薬を持ち出した理由は!?

安達容疑者は、10月13日に勤務していた横浜旭中央病院で手術後、廃棄する予定だった、医療用麻薬レミフェンタニルを含む水溶液8リットルを持ち出したそうで、その姿を病院関係者に見つかり逮捕にいたったそうです。

医療用麻薬は、手術に伴う痛みをやわらげる目的などで使用されているもので、一部の医者しか入れない場所で管理されていたそうで、施錠もしてあるそうです。

警察の取り調べに対し安達容疑者は容疑を認めているそうで「家庭問題などでストレスがたまり、解消するために使った。手術を終えて廃棄する麻薬を盗んで、病院内で使用した」と説明。家庭内で離婚問題などが起きていたようで、ストレス解消の為に注射器を使って使用したということです。