名古屋市営地下鉄の「傘」無料貸し出し、基本的に返却されない

名古屋市営地下鉄で54年間続けられている「友愛の傘」と言われている傘無料貸し出しの取り組みで、これまでに借りられていった傘がほぼ返却されていないことが判明しました。

無料貸し出しの傘、実質無料配布状態に

名古屋市営地下鉄が乗客に無料で傘を貸し出す取り組み「友愛の傘」が今年54年を迎えました。
全85駅に約12万本もの傘が置かれていますが、今まで返却されたことはほぼ無いそうです。

駅に備え付けられている傘立ては常時空の状態が続いているそうで、通学中の男子生徒に話を聞くと「ここに傘が立てられているのを見たことが無い」とコメントをしました。

「友愛の傘」は1962年11月、市交通局に地下街の連合会から傘3000本の寄贈を受けて始まった。各駅に傘立てを設けて返却場所を限定しないことで、多くの人が雨にぬれずに済むことができる仕組みだ。傘は全て寄付で賄っており、市交通局はこれまで10人以上の個人と企業など40団体から計12万7874本を譲り受けた。毎年、数百~数千本の寄贈を受け、傘立てに備えるが、数日で空になる。傘立ては折れるなどした傘のごみ箱として、使われるケースも目立つという。
http://headlines.yahoo.co.jp/

しかし名古屋地下鉄地下街連合会会長の奥村豊氏は、近年5年おきに傘を寄付しているそうで、担当者は「傘が返却されないのは残念ですが、地下街のお客様の利便性に繋がる」として来年も約6000本を寄贈する予定とのことです。

実質、この「友愛の傘」という取り組みは破綻していますが市交通局運輸課は「ありがたいことに寄付が続いているので仕組みは維持していきたい」と話しています。

友愛の傘