大事な試験中にカバンから着信音が鳴り退室処分した女子高生のその後の対応に感動!

これは韓国釜山市に住む一人の女子高生の実話です。

17日韓国では『大学修学能力試験』と言われる、日本でいうと『大学入試センター試験』に相当する大切な試験の日でした。

・実際の大学修学能力試験の最中の画像

試験中

しかし、試験が始まるとカバンの中からまさかの着信音が・・・

韓国では2004年の入試で携帯電話のメールを利用した不正事件が起きており2005年からは試験場への携帯電話の持ち込みが禁止になっていました。

そしてその女子高生も不正行為とみなされ退室処分されてしまったのです。

しかしその日の夜の彼女の行動が感動と称賛を呼ぶことになるのです!!

 

その日の夜に彼女がとった行動とは

彼女は本当に不正行為をしようとして携帯電話をカバンに入れていたわけではなくて、彼女の母親が弁当を持たせる際にあやまって携帯も一緒にカバンに入れてしまっていたんです。

普通なら母親に文句を言っちゃう人も少なくないと思います。

 

しかし彼女は母親に文句を言うこともせず、インターネットのサイトに、

私と一緒に受験室にいた方たちに本当に申し訳なかったと言いたい。集中しなければいけない時間だったのに」と書き込んだのです。

この書き込みを見た韓国市民たちは、

「心の美しい学生だ」

「試験も大事だけど、人生は試験だけじゃない」

「お母さんは本当によく育てた」など19日までに640件以上の書き込みがされたのです。

 

自分のことではなく周りの人に迷惑をかけてしまったことに対しての反省をしていることに感動です。

どんな育て方をしたらこんな心のきれいな子に育つのか教わりたいものです!!!

退室処分