【100人に1人】耳の付け根にこの『穴』があるヤツ今すぐ病院に行け!とんでもないことになるぞ…

耳瘻孔と呼ばれる耳の穴

自分の耳をしっかりと鏡で見たことはありますか?
恐らく気づいていない人がほとんどかと思いますが、もし耳から嫌な臭いがしていたらそれは『耳の穴』が原因かもしれません。

耳の穴と言っても音を聞く穴ではなく、耳の上部の付け根付近にある小さな穴のことです。
この穴は先天性耳瘻孔(せんてんせいじろうこう)と呼ばれており、まだ母親のお腹の中にいる時に、耳を形成する時に組織が完全に閉じられずに残ってしまった穴のことを言います。

約1~2%の人がこの耳瘻孔を持っているとのことですが、多くは気づかず一生を終えます。もちろん、悪性だとかそういうことはありませんが、穴である以上、化膿することがあって膿が出てくることがあります。

この膿の臭いがかなりキツイだけでなく、一度化膿してしまうと繰り返し膿が溜まりやすくなるので手術で摘出することもあります。

実はこの耳瘻孔、浅いと思っているとそうではなく、なんと軟骨まで達しているそうです。
内部は袋状になっており外部からの雑菌などが侵入しやすい状態になっているため、清潔にしているつもりでも知らずのうちに化膿している場合があります。

なぜこのような穴が形成されるのかは現在も分かっておらず、一部では魚からの進化の過程による『エラ』の名残ではないかと言われています。

もし耳に違和感を感じたら一度診察してもらったほうが良いでしょう。