子供のころ受けたイジメの復習!

大人になっても、子供のころに受けたいじめの傷は消えません。東京都に住む40歳の男性が、子供のころ自分をイジメた相手の名前を差出人として、ごみなどを入れた郵便物を都内各所の学校などに送り付けたとして逮捕されました。この男性は500通以上の郵便物を送っていたとみられます。

いじめ

いじめの傷は大人になっても消えない!

逮捕されたのは、東京都武蔵野市の無職・三浦重太容疑者(40)で、警視庁の調べによると、去年の8月ごろから約1年間にわたり、子供のころに自分をイジメた男性達の名前を使って、都内各地の学校に、茶殻やお菓子の空袋、女性用の下着などを入れた郵便物を送り続けたとして”迷惑行為防止条例違反”の疑いがもたれています。

男性は容疑を認めており「いじめられたことの恨みを晴らそうとしてやった」と供述しています。送った郵便物は全部で500通以上と見て調べています。

三浦容疑者は、小学校の時からボーイスカウトに所属していたそうで、一緒に活動していた男性4人に30年前、いじめを受けていたそうです。いつまでイジメを受けていたかは不明ですが、いじめられた方はいつまでたっても心に傷をおっているということですね。

三浦容疑者の行動は犯罪にあたいしますが、子供のころにイジメをしていた男性4人にお咎めなしっていうのも、なんだか納得がいかないですね・・・。

いじめ