RIZINに出場する中井りん(30)計量会場に「ハミマン亀甲縛り」で登場!新たな変態仮面の誕生(画像あり)

中井りん、計量会場に亀甲縛り姿で登場し騒然とさせる

29日のRIZIN無差別級トーナメントに出場する選手の計量が28日に都内のホテルで行われました。
そこには注目の中井りんの姿もあったのですが、とんでもない格好で登場し話題となっています。

中井りん、亀甲縛りで計量

29日のRIZIN無差別級トーナメントに出場する選手の前日計量が28日、都内のホテルで行われた。

13試合、26選手が参加。無差別級トーナメントで、メインに出場するミルコ・クロコップは106キロ、キング・モーは97キロだった。同じく、トーナメントのセミに出場するバルトは180キロ、高阪剛は101・1キロだった。また、村田夏南子と対戦する中井りんは、恒例のド派手なコスプレを披露。

SM女王をイメージした赤いひもビキニ、黒の網タイツ、赤いハイヒールで、会場からどよめきが起こった。

村田は57・15キロ、中井は56・95キロで1発でパスした。
http://headlines.yahoo.co.jp/

そのSM女王をイメージした衣装がこちら。
中井りん
中井りん
予想以上に攻めた衣装でネットでも「何を目指しているのか」と困惑気味なコメントが多く見られます。
これでマスクでも被れば女性版変態仮面とも言われるほどで、それほど印象の強いものとなったのは間違いないでしょう。

さすがにこの衣装でRIZINに出場することはないと思いますが、もしこのまま出場するとなると史上最大レベルの「放送事故」を目の当たりにするかもしれません。